ネイティブはこう話すって本当?

療養中に人生の再発見 > 資格 > ネイティブはこう話すって本当?

ネイティブはこう話すって本当?

最近、日本人が話す英語のココがおかしいというようなテーマの本で、「ネイティブはこういう言い方はしない!」というような指摘が多く見られます。
例えば、「""How are you?""""I'm fine thank you and you?""なんてネイティブは言わない」だとか「そもそも""How are you?""自体が100年前の英語」だとか「ネイティブだったら""What's up?""と言う」などなどです。でも、これって本当なんでしょうか?

こういう本の著者はネイティブの英語話者だったり、海外居住歴のある日本人だったりします。
私はこういう本に書かれてあることを耳にするたびに思うことがあります。
海外に住んだことのある人、いわんやネイティブスピーカーならおそらく誰でも気づいているであろうことを、なぜこの人たちは無視するのだろうと不思議でなりません。
それは、言い方なんて百人いたら百通りのものがあるし(あいさつのような定型的なものでもです)、同じ人でも相手とシチュエーション、つまりTPOで表現のしかたは変わります。友達同士でも丁寧に""I'm fine thank you and you?""と言う人もあるし、若い人でも""What's up?""とは言わない人もいるわけです。
それを忘れて一つの表現がおかしいなどと言うのは、学習者のモチベーションを下げるだけで何の意味もないと私は思います。
ネイティブの自然な英会話を学ぶのならオンライン英会話でネイティブ講師のマンツーマンレッスンを受けるのが一番かなと思います。
最近はSkypeで気軽に英会話を学べるからいいですよね。



関連記事

  1. ネイティブはこう話すって本当?
  2. テスト