マーケットから離れない

療養中に人生の再発見 > 株式投資 > マーケットから離れない

マーケットから離れない

パソコンの画面の前に座りリアルタイムで変動している市場を見てしまうと、直ちに注文をしたいという感情に追い立てられる方も少なくないだろう。

 

だが、漠然とした感覚で取引することは、絶対にしてはいけません。

 

ご存知の通り、外国為替相場は1日中常にどこかの外国為替相場がオープンしているし市場もいつでも上がったり下がったりします。

 

しかしながら、闇雲に取引を積んでいくと、その回数だけ損をする危険性が上がってしまいます。

 

確かに売り買いの数を積み重ねる事でトータルで勝利する可能性が50%、50%になるのは周知の通りです。

 

でもこれは「なんだか分からない勘で取引」してしまうこととは別の問題です。

 

売り買いの回数を積む事の意味は自ずから「ここで勝負」と思える時機を得たところでの売り買いの回数を増やすという意味である。

 

ただ何となく、休む間もなく取引をするのとははっきりと違います。

 

相場の戦いに立ち向かうためには、自ら意識的にけじめをつけることこそが必要です。

 

「ここがチャンス」と思った外国為替市場の時には迷わず保持ポジションを多くして、積極的に利益を追求する。

 

「少し頭をかかえる相場で、どう変化するのか予想できないな」と思った時は潔く所持ポジションをひとつ残らずクローズして何もしない。

 

そのくらいのテンポでやった方が、最後に売買は成功します。

 

市場の金言には「休むも相場」という言葉があります。

 

文字通り言葉どおりだと思います。

 

相場とはいかなる時でもポジションを所持する事が重要ではなくどれも持たないでじっと見ていることも場面によっては取引です。

 

じゃあ、いつ、休めばよいのだろうか。

 

ひとつめは、先述した通り、直近の外国為替市場が具体的に分からない時です。

 

これから高くなるのか安くなるのか決断できない時は、思いつきで行動すると、自分自身で考えた台本とは逆の方向に市場が向ってしまい、損してしまいます。

 

そのため、こういった時はポジションを0にしてそのままの状態で見ているだけがいいと思います。

 

第2に、あなた自身の健康状態が悪いときです。

 

コンディションとマーケットに何の影響も与えないと考える投資家もいると思いますが現実には大きくつながりがあります。

 

体の状態がすぐれなければ相場の大事な局面で、落ち着いた決定ができなくなります。

 

関心がわかない時は、マーケットから離れる事も必要な事です。

 



関連記事

  1. マーケットから離れない
  2. テスト